中目黒と藤沢のバレエ教室です。バレエについて色々お話ししたいと思います。

DLSダンサーの足セミナー・マスタークラス受講!
中目黒と藤沢のバレエ教室リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

すっかり秋の空気になりましたね。そして・・・またもや前回のブログ更新から二か月弱…。たくさん書きたいことはあったのですが、勉強やらレッスンやらでこんな更新が滞ってしまいました。タイムマネジメントを!!!と言っている私がマネジメントできていないのはダメですね。反省…。

さて、毎年(?)恒例、9月はDLSのセミナーの季節です!5月のセミナーから4か月。早いですねー。

今回は超争奪戦だったダンサーの足セミナーと、マスタークラス2つ、そしてお楽しみの愛さんの著書の「バレエの立ち方できてますか?」出版パーティーに出席しました!!!

マスタークラスは背骨とターンアウトがテーマ。どちらも二回目の受講でしたが、メンバーが違うとまた内容も違ってきますし、何回か受講すると私自身の理解度も高くなってきます。

そして、ダンサーの足。これまた2回目の受講です。ダンサー(特にクラシックバレエ)では唯一地面についているのは足の裏ということで、これまたとーっても大切な箇所ですね。そしてポアントについても勉強しました。

何度も受講しているものですが、前回受講したときよりもすぐに生徒さんに還元できて、それがクラスで目に見えて生徒さんが変わっていくのを感じ、やっぱり勉強を続けていくことは大切だなあと痛感しました。

そして!!!

話題の「バレエの立ち方できてますか」の出版パーティー!!!

仲良しの先生方をパーティーの前におさそいして、情報交換してからの訪問でした。

パーティーなので勉強という感じではないですが、色々な先生方やダンサーさんにお会いすることで、たくさんの情報が得られたり、色々お話しする中でこれからバレエの指導をするにあたっての色々なヒントをいただけてこういった機会を作ってもらえるのはとてもありがたいことです。

また、なかなか忙しく普段お会いできない方々とお話しできることは、とーっても気分転換にもなりますし、楽しいひと時でした。

IMG_1148(1).jpg

42_large.jpg

このセミナーでの学びはレッスンで生かしていきたいと思っているので、楽しみにしていてくださいね!!!

それではレッスンで!

リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。

お問い合わせは→こちら

ブログランキングに登録しています!ぽちっと応援よろしくお願いいたします♪


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村



愛さんの著書、本当に素晴らしいので、皆さんもぜひ!
クラスでも私が持っていますので、中身をみてみたい方はおっしゃってくださいね!

スポンサーサイト

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン
中目黒、藤沢のバレエ教室、リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

8月に入ってから17日連続の雨・・・。

さて、ようやく観に行くことができました。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」



バレエに興味がない方も、この動画は観たことがある方も多いのではないでしょうか?

英国ロイヤルバレエで19歳という最年少でプリンシパルに抜擢。その2年後には突然ロイヤルを辞めてしまったポルーニン。

当時私もこんな才能あるダンサーが一体どうしたのだろうと思っていました。

その理由がこの映画に描かれていました。

体中にあるタトゥー。クラシックバレエで王子様を踊っていた彼にはまったく似つかわしくない姿に見えます。

それには彼の苦悩が刻まれていたのではないかと思います。

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きません。

この映画の触れ込みは「バレエ界の異端児」

確かに、優雅に踊るイメージのバレエには「異端」というように映るのかもしれません。

でも、私も小さいころからピアノ、バレエに真剣に取り組んでいたので、おこがましくもその「苦悩」というものが少なからずわかるので、映画が始まって10分もしないうちに涙が止まらなくなりました。

芸事をする、何かに打ち込むことはその分犠牲も伴います。彼の場合は大切な家族。そして多くの場合自分の自由な時間です。

いわゆる「普通」の生活はできなくなります。それと引き換えに人とは違う特技、技能を身に付けるのです。

それだけ打ち込んでいると、何に向かって頑張っているのかわからなくなることも多いのだと思います。
私の周りでも、上の方にいた子に限って、バレエなりピアノなりを辞めていった人が多くいます。

このように書いてしまうと、芸事をやるのはどうなのよ???という風にも思われてしまうかもしれませんが、モチベーションを維持して死に物狂いで頑張る先に、舞台で踊る喜びや、達成感など、漫然とすごしているだけでは得られないものが得られるのです。

その「小さな」幸せに向かって苦悩していくことで、「芸術」は生まれるのではないかと強く感じた映画でした。

あまりに興奮して、とりとめのない文章でごめんなさい。

この映画は、ちょっと難しいかもしれませんが、思春期真っ只中の中学生、高校生にぜひ観てもらいたい映画です。

学校の勉強とお稽古事との両立。

大変です。当たり前です。「普通」の生活じゃないんですから。

でも、それが人を成長させるものなんだと思うんです。

もちろん、いいことばかりとは限りません。苦しいし、挫折することもあるでしょう。

でも、そこから這い上がった人間が将来強いと思うんです。

そのために、お稽古事っていうものがあるのではないかと思いました。

ぜひ足を運んで観てください。バレエを観たことがない人にもぜひ観ていただきたい映画です。


リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。
お問い合わせは→こちら

電話は08092844150

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村

こちらも絶賛発売中!!!
立ち方できてないと何もできませんよ!!!



「努力」という行動力
中目黒・藤沢のバレエ教室リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

猛烈に暑かったり、急に雨が降ってきたり、地震があったりの日本列島。皆様体調など大丈夫でしょうか?身体の健康が低迷すると心も低空飛行になったりするので気を付けたいところですね。

今日は、昨日いつもお世話になっているDancer`s Life Supportの佐藤愛さんのtwitterから流れてきたブログがとても印象的だったので、記事にしてみました。

こちらが愛さんの記事です。
素直な行動力

ざっくりすぎるほど要約すると・・・

言われたこともきちんと行動に移し、かつ言われたことだけでなく、そこからどのようにその言葉を自分の頭で考え、努力を継続していくことができる人が自分の目指すゴールに到達することができる。


仕事でも習い事でも勉強でも、上の人から色々言われると思います。それをわかってるけどできないとか、時間がないとか、言い訳を作っていると、結局はいつまでたってもできるようになりません。

そのかわり、言われたことを忠実にこなし、それ以上に自分の頭で考え、よりよくなろうと努力し行動していると、それはおのずと達成するものなのです。

これって、とってもシンプルなことですが、自分を律していないとなかなかできないことです。

人間、楽な方に流れていくものなので、これを継続できる人というのはとても強い心が必要です。大変なことなんだけれども、それを経た後の達成感はものすごいものがあると思います。

私は山登りはしないのですが、きっと山登りのようなものなのだと思います。

バレエって、観ているだけだと本当にため息が出るほど美しく、優雅で、汗なんて無縁の世界の人たちがやっていると見える(実は見せてるだけなんですけども)けれども、そこに至るまではものすごい努力が隠されているのですよね。

その見せない努力というものが、あれだけ美しいものを生んでいるのだと思います。

ちょっと厳しめ&硬いこと言ってしまいましたが、要はまず重い腰を上げでみようよということです(笑)

私自身も今日は自分のお稽古サボりたいと思うことはあります。でも、バレエの教師をしている以上、私が率先して努力せずには、生徒さんに何も響かないと思うのです。

最初はどうしたらバレエが楽しくなりますか?といぶかしげに聞いてきた生徒さんほど、努力することで自分の体が変わっていくことに嬉しさを感じて、熱心にレッスンに通ってくれています。

バレエを通して、そんな人生の楽しみを伝えていけたらいいなと思った、愛さんのツィートでした。

IMG_4620_201708101028195aa.jpg

Today comes only once.

今日という日は一日しかありません。自戒を込めて(笑)

どーしても、今日はだるい、重いという人は、せめて愛さんの本を読んで立ち方のレッスンしましょうよ!!!

立ち方が変わればバレエも変わるし、きっと他のダンスのジャンルの人、スポーツをやっている人、日ごろの生活での体も絶対に変わってくると思います。

立ち方にこれだけこだわった本はないと思います。(だってマニアックだし・・・)

二足歩行する動物は人間だけなのだから、立ち方を見直してみること、とっても大切だと思います♪

リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。

お問い合わせは→こちら

電話番号→080-9284-4150

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いします!


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村


バレエの立ち方できてますか?
中目黒、藤沢のバレエ教室リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

このたびは、大雨により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。早く復興しますように。

さて、そんな暑さ続き&大雨など、不安定な気候が続いておりますが、皆様体調など崩していらっしゃいませんでしょうか?

いつもは元気な私も、ついに夏風邪にやられてしまい、今声がガラガラです…。皆様も気をつけてくださいね…。


そして!!!いつもお世話になっているDancer`s Life Supportの佐藤愛さんが本を出版されました!

その名も、「バレエの立ち方できてますか?」

IMG_0823(1).jpg

発売日が8月1日で、予約していたので翌日やっと届きました!!!うれしい♥

この本は、バレエの基本、というよりはもはや日常生活の基本?ではないかと思われるくらい、「立ち方」にフォーカスした内容です。中身は実際に手に取って見ていただきたいのですが、基本的な解剖学の知識と、バレエのポジションの解剖学的視点からの説明、それをレッスンでどのように使っていくか、そして毎日のエクササイズまで盛りだくさんの内容です。

ほとんどバレエの本に書かれているような、「バットマンタンジュはこうやる!」とか、「アラベスクの綺麗な上げ方」については一切触れていません(笑)

全てはその前提となる「立ち方」にフォーカスしています。

バレエは立って踊るものである以上(ポールドブラは座っても練習できますが)、まずはバレエ的に「正しく立つ」ことができていないと、バレエのテクニックはできません。

「バレエ風」な動きはできても、それは「バレエ」ではないし、土台なしに難しいテクニックを練習したら、怪我につながる恐れもあります。

私も常日頃から、自分自身のお稽古を受けるときも「立つこと」がどんなに難しいか模索していますし、クラス中でも「立つこと」について大声で注意をしています(笑)クラスを受けてくださっている人はわかっていると思いますが(笑)

当たり前と言えば当たり前なのですが、立つことができなければ、バレエは踊れないのです。それも美しく。

いつも私がクラスの中で口酸っぱく、しつこく、うるさいくらいに言っていることが、この本にはイラストを交えてわかりやすく、時には厳しく???書かれています。

週に1回の1時間45分のクラスでは正直カバーしきれないことはたくさんあります。うちの教室は少人数かつ時間も長めに取っていますが、それでも足りません。バレエは継続して少しずつ積み上げていかなければならないもので、数か月週に一回とりあえずレッスンしてみたよということでは残念ながらバレエは上達しないのです…。

少なくとも(本当に少なくともね・・・本当はすくなくとも週に二回はレッスンしないと、人間忘れていきます・・・)週に1回は欠かさずレッスンに出て、そのレッスンをきちんと消化して次回に生かす。その繰り返しで少しずつ少しずつ上達していくものなのです。

その気が遠くなるような作業の助けになるのがこの「バレエの立ち方で来てますか?」という本だと思います。

レッスンの後、疑問に思ったことがあったらすぐ質問してくれるのがベストですが、理解が深まっていないとなかなか質問というものはできないものです。

レッスンの後、今日先生こんなこと言ってたなと思ったら、参考書代わりにこの本を読んでみて、また私に質問する。本に載っているエクササイズをしてみる。それでもわからなかったら私に質問する。そうやっていいサイクルができて、一回のレッスンの効果がより効率的に上がっていくと思います。

そんな風にこの本を使ってくれたらいいなと思います(愛さんに対して上から目線ですいません・・・)。それもこれも、私が毎回毎回佐藤愛さんの来日セミナーで勉強しているため、本に書いてある内容は頭に入っているので、ほぼ同じような注意をレッスン中に行っていますし、本の内容についての質問も受けられるということで、私のクラスを出てくださっている生徒さんには必携かなと思っています(笑)

ついつい、熱く語ってしまいました…。

続きは?レッスンで!!!

リラの精より

リラバレエアーツでは、生徒さんを募集しています。

お問い合わせは→こちら

電話→0809284-4150



ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村

アームスの重要性
中目黒・藤沢のバレエ教室、リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

前回のブログ更新が桜の季節の後。

それから今は7月…。

自身の結婚式やらハネムーンでバタバタしており更新が滞っていたことをお許しください…。

でも!!!

そんな中、行ってきました、毎度恒例Dancer`s Life Supportの上半身の講習会&マスタークラス!!!なんと結婚式の次の日でした(笑)

IMG_0037(1).jpg

今回は2度目の受講のアームスから上の解剖学講座とそれをレッスンでどう使うかを実践的に学ぶマスタークラスでした。

初心者のクラスや、基礎クラスですと、どうしてもつま先伸ばしてー!膝が緩まないようにー!など足にフォーカスしがちですが、きちんと立ったり、ルティレでバランスを取ったり、バレエをする上で上半身の働きというものはとても重要です。

最近口酸っぱくクラスでバーの持ち方も注意しているのですが、バーの持ち方次第でバランスが変わってきたりもします。

また、バレエ独特の表現をつけるためにも上半身の動き(エポールマン)が重要なのは言うまでもありませんよね。

マスタークラスでは、とにかくたくさんの感情に関する言葉を受講者が出し、それを表現しながらバーレッスンを行うというとてもおもしろいクラスでした。ちょっとのことで身体の動きが変わってくるから不思議なものです。

9月にもDLSのセミナー受講するので、どんどんレッスンに還元していきます。楽しみにしていてくださいねー!ブログ更新は遅いかもしれませんが(笑)、きちんとリラバレエアーツでは皆さん一生懸命レッスンしています♪

それではレッスンで!!!

リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。

お問い合わせは→こちら

電話→080-9284-4150

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします!


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村
Copyright © リラバレエアーツ リラの精のバレエのお話. all rights reserved.
まとめ