中目黒と藤沢のバレエ教室です。バレエについて色々お話ししたいと思います。

柔軟性と筋力
リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

11月に入りました。いよいよ今年も終わり?いや、あと二か月もありますね♪

さて、前回のブログはシルヴィ・ギエムの引退について書きました→シルヴィ・ギエムファイナルツアー

私が彼女の存在を知ったのは小学生の時でした。初めてBS放送でパリオペラ座バレエ学校の様子を描いたドキュメンタリーが放送された時のことです。その映像の中に「La luna」というベジャールの作品でギエムが登場して、なんて身体の柔らかい人なんだろうと度肝を抜いたことを覚えています。

当時私はコンテンポラリー作品については全くわからなかったので、その柔軟性にばかり気を取られました。これだけ体が柔らかかったらどんなにいいだろうと、私自身体が硬かったのでとてもうらやましく思いました。以下の動画がその時の映像です。



まるで、サーカスに出るような柔軟性ですよね。

確かに、バレエを踊るためには柔軟性が必要です。足を高く上げるにも硬かったら上がりません。

でも、柔らかいだけでそれを支える筋力がなければ、足をキープすることはできませんし、柔軟性があればあるほど筋力も強くないと、お腹がぐにゃぐやしてしまったり、足が振られてしまったり、怪我をすることも多くなります。

柔軟性の高い人は、それだけの筋力をつけなければ、柔軟性を生かすどころか、身体を痛めてしまうことにもなりうるのです。

そのバランスがとても大切ですね。

そんなこともお稽古で考えていくことはとても大切です。

柔軟性と筋力のバランス。
それをどうやって取っていくかも上達のヒントになると思います。

なので、お稽古のほかにも筋力トレーニングをすることもとても重要ですね。

それではレッスンでお会いしましょう!!!

リラの精より


リラバレエアーツの体験レッスンはこちら

詳細はリラバレエアーツをご覧ください。

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

筋肉をリリースしましょう♪
いよいよ8月に突入しました!
暑い毎日が続きますね。
夏休みも近づき、わくわくしている方も多いかと思います。

レッスンでも、皆さん汗だく!!!でも、それも気持ちいいですよね。

前回のブログでは、鍛えた後にはきちんとアフターケアをしましょうということを書きました。
レッスンで鍛えた後は…参照

バレエで動いた後も、もちろん筋肉が疲労します。その疲労をきちんとリセットしないと、疲労はなかなか回復せず、溜まっていくばかりです。

そこで、具体的な方法を少しご紹介したいと思います。

まずは、寝る前のお風呂上りにゆっくりと呼吸しながら筋肉をストレッチ(静的ストレッチ)してあげること。この静的ストレッチは疲労を抜くのにとても効果的と言われています。
私のクラスでは、クラス前の筋肉をゆっくり緩めるストレッチは、パフォーマンスを下げ、外側の強い筋肉ばかり発達してしまう恐れがあるということで行いません。
そのかわり、ウォームアップのエクササイズを取り入れています。これに関しては、今後のブログでも詳しく紹介します。

そして、もう一つはフォームローラーなどを使って筋肉や大きな靭帯をリリースしてあげること。
ちょっぴり痛い時もありますが、これはとても筋肉の疲労を元に戻してあげるのにとても効果的です。

こんな具合です↓

11798585_915475555156850_983971674_n.jpg

これは、大腿四頭筋をフォームローラーでりりーすしています。フォームローラーの上に写真のように腿を乗せ、腕でバランスをとりながらローラーをコロコロ転がすように筋肉をほぐします。この筋肉は普段の生活でも使う筋肉なので、かなり疲労している場合が多く、痛い人も多いです(笑)。私も毎回とても痛いです…。

そして、ここをリリースすることで、バレエで大切な内腿をより鍛えやすくすることもできるので、ここのストレッチやフォームローラーでのリリースはとても重要です。

このローラーはこの他にもお尻の奥の筋肉や肩甲骨の下の背中、そして道具がないとなかなかできないおなかのストレッチにもとても使えます。

おうちに一つあると便利かと思います。また、これは軽いので持ち運びも可能です。レッスンに行くときに持っているといいですね。




他にももっと紹介したい使い方はあるのですが、今日はこのあたりで。

それではレッスンで!!!

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

リラの精より

レッスンで鍛えた後は・・・
梅雨も明けて、暑い毎日が始まりましたね!
藤沢スタジオの前から撮った写真がこちら!

11749290_912348505469555_1965155604_n.jpg

真っ青な青空で、元気に外で歩き回りたいところですが、レッスンレッスン♪

リラバレエアーツでのレッスンは1時間45分とたっぷりと時間を取っているので、かなりたくさん動いてもらっています。その分、筋肉をきちんと使うことができますね。

もちろん、レッスンが終わったら疲労がたまっています。そのままにしたら、疲れが取れずに怪我をしてしまう危険もあります。

バレエできちんと動いた後は、それをリリースしてあげることもとても大切です。マッサージ等に行かれる方も多いですが、なかなか経済的に大変なこともありますよね。そこで、セルフケアを覚えておくととても便利です。

私がつかっているのは、ストレッチポールやフォームローラーです。ストレッチポールの長いものも持っていますが、持ち運びができるととても便利です。レッスンの後に使って疲労した筋肉をリリースしてあげましょう。

ネットで色々売られていますが、私が生徒さんにおすすめしているのはこの大きさのフォームローラーです。



大きさもちょうどよく、お値段も比較的安価で持ち運びもできるのでとても便利です。
ひとつ持っているととてもいいと思います。

使い方に関しては、今後ブログでも紹介しますね!!!

それではレッスンで!!!

リラの精より

ブログランキングに登録しています!ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

ターンアウトの筋肉のトレーニング
まるでもう夏のようなお天気が続きますね。夏が大好きな私としてはうれしいことです(笑)

さて、ダンサーズライフサポートの講習会に参加して早3週間が経とうとしています。そこで教えていただいたエクササイズをクラスの中でも少しずつ紹介しています。
早速実践!!!
あなたのターンアウト本物ですか?
参照

まず、色々な場合がありますが、バーに入る前にターンアウトの筋肉を意識するためにエクササイズバンドを使ったエクササイズを実践して筋肉を確認してもらったり、クラス中にどうしても足を開き過ぎてしまう人に円盤の上に乗ってもらって、これだけ足の摩擦で立っているんだよということを確認してもらったり。

参照 ターンアウトの筋肉
IMG_1813.jpg


そうすることで、ああ、こんなにお尻の奥の筋肉を使い続けなければならないのか、そうしたら今の私にはここまでしか足を外旋させることはできないなということを理解できて、それをクラスレッスンでとても意識しやすくなっているようです。

今後も少しずつ色々なエクササイズをクラスの中で紹介していきますね!

それではレッスン頑張りましょう!!!

リラの精より

ブログランキングに登録しています。応援よろしくお願いいたします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

早速実践!
DLSの講習会も無事?終わり、日々のクラスに戻っているわけですが、講習会で教えていただいたトレーニングを実際復習がてら自分でやってみました。

11169236_876536672384072_6229560822777682736_n.jpg

こちらは、バーにエクササイズバンドを結んで、そこに足首を引っかけて行うトレーニングです。
主にターンアウトをする筋肉、内転筋を鍛えるエクササイズです。見た目よりもずっときついです・・・。でも、これくらいの強さがないと、ターンアウトをし続けて踊り続けることはできません。

このエクササイズもクラスでぜひ取り入れたいと思っています。

色々な種類のエクササイズバンドが手に入ると思いますが、ある程度の長さが必要になります。このほかにも色々なエクササイズがありますので、お手元にない方は以下のリンクのものが比較的安価で強さも長さも十分ありますので、一つあると便利だと思います!





それでは、レッスンでお待ちしています!

ブログランキングに登録しています!
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

リラの精より

Copyright © リラバレエアーツ リラの精のバレエのお話. all rights reserved.
まとめ