中目黒と藤沢のバレエ教室です。バレエについて色々お話ししたいと思います。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン
中目黒、藤沢のバレエ教室、リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

8月に入ってから17日連続の雨・・・。

さて、ようやく観に行くことができました。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」



バレエに興味がない方も、この動画は観たことがある方も多いのではないでしょうか?

英国ロイヤルバレエで19歳という最年少でプリンシパルに抜擢。その2年後には突然ロイヤルを辞めてしまったポルーニン。

当時私もこんな才能あるダンサーが一体どうしたのだろうと思っていました。

その理由がこの映画に描かれていました。

体中にあるタトゥー。クラシックバレエで王子様を踊っていた彼にはまったく似つかわしくない姿に見えます。

それには彼の苦悩が刻まれていたのではないかと思います。

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きません。

この映画の触れ込みは「バレエ界の異端児」

確かに、優雅に踊るイメージのバレエには「異端」というように映るのかもしれません。

でも、私も小さいころからピアノ、バレエに真剣に取り組んでいたので、おこがましくもその「苦悩」というものが少なからずわかるので、映画が始まって10分もしないうちに涙が止まらなくなりました。

芸事をする、何かに打ち込むことはその分犠牲も伴います。彼の場合は大切な家族。そして多くの場合自分の自由な時間です。

いわゆる「普通」の生活はできなくなります。それと引き換えに人とは違う特技、技能を身に付けるのです。

それだけ打ち込んでいると、何に向かって頑張っているのかわからなくなることも多いのだと思います。
私の周りでも、上の方にいた子に限って、バレエなりピアノなりを辞めていった人が多くいます。

このように書いてしまうと、芸事をやるのはどうなのよ???という風にも思われてしまうかもしれませんが、モチベーションを維持して死に物狂いで頑張る先に、舞台で踊る喜びや、達成感など、漫然とすごしているだけでは得られないものが得られるのです。

その「小さな」幸せに向かって苦悩していくことで、「芸術」は生まれるのではないかと強く感じた映画でした。

あまりに興奮して、とりとめのない文章でごめんなさい。

この映画は、ちょっと難しいかもしれませんが、思春期真っ只中の中学生、高校生にぜひ観てもらいたい映画です。

学校の勉強とお稽古事との両立。

大変です。当たり前です。「普通」の生活じゃないんですから。

でも、それが人を成長させるものなんだと思うんです。

もちろん、いいことばかりとは限りません。苦しいし、挫折することもあるでしょう。

でも、そこから這い上がった人間が将来強いと思うんです。

そのために、お稽古事っていうものがあるのではないかと思いました。

ぜひ足を運んで観てください。バレエを観たことがない人にもぜひ観ていただきたい映画です。


リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。
お問い合わせは→こちら

電話は08092844150

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 藤沢情報へ
にほんブログ村

こちらも絶賛発売中!!!
立ち方できてないと何もできませんよ!!!


スポンサーサイト

コンテのワークショップ行ってきました♪
中目黒、藤沢のバレエ教室リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

桜の季節が終わり、急に暖かく(暑く?)なりましたね。天気の急激な変化に洋服も体もなかなか追いついていけないこの頃です…。

さて、この前の日曜日、藤沢でのクラスの後、コンテンポラリーダンスのワークショップにお招きいただき、行ってまいりました!!!

私自身、ダンスはバレエ以外はジャズとコンテをほんとに少々・・・しかやったことがないので、どうなっちゃうのかしらと思いつつの参加でした。

今回は3年ほど前、ロンドン旅行中に連れて行っていただいたイゴール&モレーノの初来日公演に先立って行われたワークショップです。

そもそも、コンテってなんだろう?という不思議な思いもあり、まあせっかくだから観に行ってみようと誘われるがままについていったのですが、もう楽しくて楽しくて!!!ダンスってこんなに楽しいんだと再認識した公演でした。

その二人の公演が日本で観れるなんて!と楽しみにしていたので、そのワークショップも私なんて行っていいのかしら?との思いもありつつ、あんな楽しい感じだったら参加しても大丈夫かな?というノリで参加させていただきました。

結果・・・若いバレリーナちゃんに混じってたくさん飛びまくったので、途中へばったのですが、彼らの作品をクリエーションするときのアイディアや、観客との関係など、色々な話を聞くことができ、とても有意義な2時間でした。


そして、終わった後写真をぱちり。
IMG_5014.jpg

楽しすぎてすごい顔をしている私ですが…。

ピュアな二人の人柄にもとっても惹かれました。

こういうワークショップを受けていると、将来バレエダンサーを目指す若い人は特に、バレエ以外のダンスにも触れることは不可欠だなあと思います。他のことをやってみることは人間としての視野も広がることです。ダンサーとして成長することはもちろん、人間としてもどんどん成長できるような気がします。

19日、20日は彼らの公演です!当日券もあるそうなのでぜひ!私も木曜日に行く予定です。
イゴール&モレーノ


それでは今日もこれからレッスンです♪

リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。

お問い合わせ→こちら
電話 080-9284-4150

ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村


ピアノの発表会
中目黒、藤沢のバレエ教室、リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

先週の日曜日、藤沢のレッスンを終えて、その足でピアノの先生をしている中学からの友人主催の発表会に行ってまいりました!友人主催の発表会を観に行くのは実は初めて!演奏会などは足を運ぶことはしばしばあるのですが、生徒さんがメインの発表会は初めてでした。

IMG_4704.jpg

生徒さんは子供中心ですが大人の方もいて総勢30人弱。ひとりでやっているのにすごいなーと思いました。

ピアノの発表会は基本的にソロの演奏と、第二部は先生との連弾。みんな緊張している子もいれば、嬉しそうに演奏している子もいました。

引き終わった後、失敗しちゃったから次頑張ろうという表情の子、終わってすっきりした表情の子、うまくできて上機嫌の子。いろんな表情がありました。その姿をみて、やっぱり一つの目標を持ってそれを発表する場があるというのは、大人も子供もそれを成し遂げた達成感というのはものすごいものなのだなと思いました。

そして、舞台に一度立ったら逃げ出すことはできません。お客さんの前で自分が今まで頑張った成果を披露して、拍手をもらう。

そういった経験というものは、子供の心を強くしますし、大人の方も自信が持てるようになるのではないでしょうか。


バレエはあらゆる西洋の舞踊の基礎となるもので、エクササイズとしてもリハビリ(?!)としても素晴らしいものですが、やっぱり舞台芸術。舞台に出てこそその喜びが感じられるものだと思います。

きれいな衣装をつけて、舞台でその日のために頑張ったものを披露する。この経験が次の日々の活力になったり、子供たちにとっては将来踏ん張って頑張ることで達成感を得られるという経験を持つことができるのではと思います。

ということで。

まだまだ先ですし、具体的なことは決まっていませんが、今年の10月ごろに、リラバレエアーツの初めての発表会を実施しようと思います!!!

目標を達成することで、上達の幅もぐんと広がります。そして何より、舞台で踊るたのしさを皆さんに知っていただきたいのです。

楽しみにしていてくださいね♪

リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しております。

お問い合わせは→こちら

電話でも受付しております♪
080-9284-4150

中目黒教室では、子供クラスも準備中です。体験会なども開催したいと思っているので、ぜひブログチェックしていてくださいね♪


ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

コンドルズ20周年記念公演行ってきました♪
中目黒と藤沢のバレエ教室リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

台風の被害に遭った地域の皆様、心よりお見舞い申し上げます。

まだまだ蒸し暑い日もありますが、日が暮れるのも早くなり、秋めいてまいりました。いかがおすごしでしょうか?

先日、私は近藤良平さん率いるコンテンポラリーダンスカンパニーのコンドルズの20周年記念公演に行ってまいりました!!!
14212073_1140650709305999_2496758760489097584_n.jpg

数年前、青山ダンシングスクエアの公演で、演目は全く違いますが、同じ舞台に立たせていただき、勝手に親近感を持たせてもらっています(笑)

コンドルズの公演は、コンテンポラリーダンス(現代舞踊)ではありますが、学ランを着たメンバーたちが踊り、コントをしたりと盛りだくさんの内容でした。

14212007_1140650715972665_8564812716529638603_n.jpg

かっこいいダンスを踊ったかと思えば、コントで笑わせて、影絵が登場したり、お芝居があったり。本当におもちゃ箱のような楽しさです。

コンテンポラリーダンスというと、私にとってもちょっと難しいかな…という時がありますが、コンドルズの公演は、とにかく楽しい!かっこいい!!!という底抜けの明るさで2時間半があっという間に過ぎてしまいました。

そして、もちろん楽しいだけでなく、彼らのダンスは基礎に裏打ちされた踊りなので、面白いポーズひとつでも、とてもラインが美しかったり、ジャンプも美しかったり、動きがとても洗練されています。

私はコンテンポラリーダンスはあまり経験がないのですが、何回か近藤良平さんのワークショップには参加させていただいていて、クラスでは無駄な力を抜いた身体の使いかたをおしえてくださり、バレエの動きに対してもとても参考になり、勉強になっています。

たまに、バレエだけでなく他のジャンルのダンスを観たり、クラスを受けてみると、またバレエにも良い影響がありますね。

でもやはり、どんなダンスにもバレエの基礎というのがベースにあるとも感じます。コンドルズのメンバーの方々は、バレエのレッスンでご一緒させていただいた方もいらっしゃり、やはりバレエのバーレッスンというものは身体を整えるのにとても素晴らしいものだということも、再認識させられます。


そして、コンドルズの公演の最後の方に、「継続は力なり」という言葉を半紙に書いてステージ上で見せるという演出がありました。

20年同じことを続ける。コンドルズとして活動するということは、並大抵のことではなかったと思います。ただ、メンバーたちが思いを共有して、それを続けてNHKホールを満員にしてしまうということは、正直コンテンポラリーダンスでは珍しいことで、興業的にもすごいなと思いました。これは、バレエの公演も見習うべきところがたくさんあるのではないでしょうか。

伝統はもちろんたいせつですし、バレエは形式美であることからも、伝統を崩してはいけない部分もありますが、ちょっと敷居を低くして、たくさんの方にバレエの素晴らしさを知ってもらうこともバレエの伝統を後世に受け継いでいくためにもとても重要であると感じました。

コンドルズの公演を観て、ますます私のモチベーションは上がっています(笑)

IMG_3777.jpg

リラバレエアーツのレッスンも基礎は重んじつつ、楽しくレッスンができたらなと思っていますので、皆さんぜひ来てくださいね!!!

リラの精より

リラバレエアーツでは生徒さんを募集しています。

お問い合わせは→こちら
お電話でもお待ちしています。
080-9284-4150


ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします!!!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村

英国ロイヤルバレエ団来日公演❤
中目黒と藤沢のバレエ教室、リラバレエアーツ主宰の林加奈子です。

二周年を迎え、ますますパワーアップしていきたいと考えているこの頃ですが。

6月に英国ロイヤルバレエ団が3年ぶりに来日し、ロイヤルバレエ団が大好きな私は観に行ってきました!!!

aa81dddb-c9ba-42f4-8c77-e91f225991cf.jpg


演目はケネス・マクミラン版の「ロミオとジュリエット」とピーター・ライト版の「ジゼル」でした。

どちらも、演劇的要素が強いロイヤルならではの演目で、素晴らしかったです。

特にロミオとジュリエットは、典型的な古典バレエとは少し違う、オフバランスのパドドゥ、流れるようなリフトが特徴で、世界中の一流のバレエ団がマクミラン版を上演していますが、やはり本家は違う!という印象が強かったです。

私が観たのはサラ・ラムとワディム・ムンタギロフの回で、サラのジュリエットはロミオと出会って、大人の女性に生まれ変わるというその過程が、踊りとともに抑えめの演技でありながら、観客にその芯の強さが伝わってくる素晴らしいジュリエットでした。相手役のワディムも美しい体型を生かし、きれいなだけでなく、演技力にも磨きがかかり、とても誠実なロミオでした。


こちらは有名なバルコニーのパドドゥです。私が観たサラ・ラムとスティーヴン・マックレーが踊っています。

バレエを直接観に行くというのもとっても楽しいことですし、普段レッスンで練習しているパがどのように「踊り」になっているかを再確認するにもいい機会だと思います。

また、今回のロイヤルバレエのように、演劇的要素が強いバレエ団であったり、色々なバレエ団を比較してみてみるのもとても興味深いことです。

うちの生徒さんでも、4人くらいロイヤルの公演に行ってきたそうです。うちでバレエを始めてから、すっかりバレエファンになり、足しげく公演に通っていらっしゃる方も多いです。

普段のお稽古をしつつ、バレエ鑑賞も楽しむ。それこそ、素敵なバレエライフともいえますよね。

また、ぜひぜひ子供さんも小さいころからバレエ公演に足を運ぶことをお勧めします!!!情操教育にもなりますし、こんな素敵な世界があるのだと、芸術に興味を持って文化を大切にする大人になっていくことでしょう。

これからいよいよ夏休み。
お子様と一緒にバレエ鑑賞に行かれてはどうでしょう?夏休みには子供のためのバレエも新国立劇場などでも開催していますよ!

新国立劇場 子供のためのバレエ

それではレッスンで!!!

リラの精より


リラバレエアーツでは子供の生徒さん、大人の生徒さんを大募集しております!
お問い合わせはこちら
電話番号 08092844150

子供クラスに入会していただいた方にはチャコット製のタイツをプレゼントしています!ぜひ体験にいらしてください!


ブログランキングに登録しています。ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 恵比寿・代官山・中目黒情報へ
にほんブログ村




Copyright © リラバレエアーツ リラの精のバレエのお話. all rights reserved.
まとめ