中目黒と藤沢のバレエ教室です。バレエについて色々お話ししたいと思います。

教師のためのバレエ解剖学講座
前回のブログでも書いた通り、3日より、DLS(Dancer's Life Support)の教師のためのバレエ解剖学講座を受けてきました!4日間は中学生・高校生中心のクラス・バリエーションクラスの見学と約2時間の解剖学の講座、ラストの日は子供たちの発表会と、色々なバックグラウンドを持った留学経験者のお話し&情報交換タイムという有意義な5日間でした。

子供たちのクラスも見学させていただいたのですが、やはりそこでは基礎の重要性というのを改めて痛感しました。そして、たった4日間で見違えるように良くなっていく子供たち!子供たちの一生懸命さと、明確にゴールを設定して、子供たちにもわかりやすいクラス構成をして教えた愛さんの力なのだなと感激と感動を覚えました。

今まで何回かダンスのための解剖学というものを受けてきましたが、全てとても勉強になりましたし、それを私自身もクラスで生徒の皆さんにお伝えしているつもりですが、今回の講座の特徴的なものは、「バレエと解剖学のリンク」ということが明確に、且つわかりやすく説明されていることでした。バレエを教えている私としてはとにかく「わかりやすい」の一言。「うんうん、こういうときどうしたらいいかわからないのよね」というかゆいところに手が届くというか、ダンサーにしかわからないニュアンスというものをとても明確な言葉で、説明していただいたので、今までのもやもやが腑に落ちたり、あ!それでよかったんだ!と再確認できたり、とても勉強になりました。

そして、何より代表の佐藤愛さんが素晴らしい人であること!話がわかりやすくてとにかくおもしろい!
感動しすぎてしまったので、リクエストして一緒に写真を撮らせていただきました❤

10429400_819695294734877_2412395129219267057_n.jpg
170センチのすらっとした美女!!!私はちいさいので、ルルベで誤魔化さしていただきました。

今後も受けっぱなしではなく、継続して勉強していき、生徒の皆さんにお伝えしたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね♪


スポンサーサイト

新年
あけましておめでとうございます!

リラバレエアーツは、昨年7月にグランドオープンして、7カ月目に入りました。本年もよろしくお願いいたします。

昨年は28日までクラスを行い、最終日は稽古納めのためたくさんの生徒さんが来てくださいました。今年も楽しく、そして時に厳しくレッスンいたしましょう!

1月に入り、私は3日から、教師のための解剖学講座を受けております!とても有意義なクラスで、朝は中高生を中心とした生徒さんのクラスレッスンの見学、午後は解剖学というややハードな1日ですが、ここで学んだ内容を皆様にフィードバックすべく、勉強しています。

色んなエクササイズも学んでいますので、皆さん楽しみにしていてくださいね♪
IMG_1081.jpg


それでは、1月8日から通常レッスンは開始です!
皆様にお会いするのを楽しみにしております!

リラの精より
Copyright © リラバレエアーツ リラの精のバレエのお話. all rights reserved.
まとめ